外国につながる家族やその支援者からの相談は、背景事情がわかりにくいために、評価や支援が難しい事例が多くあります。こうした相談に対して、当事者・支援者・関係機関はどのように家族を理解し、支援すればいいのでしょうか。ISSJでは、2020年度より相談支援者向けのオンラインセミナーを実施してきました。今年度は、専門家や実務に関わる方を講師としてお招きし、難民、多文化・多言語環境にある子ども、など、4つのテーマで開催いたします。

開催概要

日時:2022年6月~2023年3月 ※4つのテーマ、各3講演
開催方法:Zoomを使用したオンラインセミナー、講演終了後、1週間の動画配信あり

参加費:1テーマにつき3250円(テーマごとの購入のみ、テーマ内3講演分)
主催:社会福祉法人日本国際社会事業団(ISSJ)

お申込み方法

お申込みはチケット購入ページ(Peatix)より、各テーマごとにお申込みください。
メールでお申込みをご希望の方は、件名を「オンラインセミナー」とし、issj@issj.org にメールでご連絡ください。
人数分のお申込みが必要です。お申込み者お一人につき、一つのデバイスで視聴が可能です。

テーマ・講演内容

テーマ1 難民の定住支援

ウクライナ避難民の受け入れが進む中、「定住を支援する」という言葉がよく聞かれるようになりました。では、「定住支援」とはいったい何を意味するのでしょうか。3回の講演を通して、母国を逃れざるを得なかった難民の背景を持つ人々が、新たな地で生活を再建する際に必要となる支援について、それぞれの視点からお話しいただきます。

 6月25日(土)10:30-12:00
「難民支援とソーシャルワーク」
講師:葛西伶氏(UNHCR駐日事務所法務部)


講師プロフィール

ローザンヌ大学(スイス、心理学部)キングス・カレッジ・ロンドン(イギリス、MSc. War & Psychiatry)卒業。外資系総合コンサルティング会社にて金融機関の業務改善、会計システム導入等のプロジェクトに従事後、2019年より国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所 法務部に入所。シニア法務アシスタントとして、政府、企業、NGO、教育機関等と、日本に暮らす難民の社会統合に関する分野の連携促進に取り組む。UNHCR難民高等教育プログラム(RHEP)や難民専門学校教育プログラム(RVEP)等担当。

 7月16日(土)10:30-12:30

難民の適応障害とうつ」

 講師:鵜川晃氏(大正大学教授)


講師プロフィール

多文化間精神医学会 理事、現職は大正大学 社会共生学部 公共政策学科教授。専門は文化人類学、多文化間精神保健学であり、難民や移民の心身の健康問題や、異文化適応の課題、様々な生活様式の背景にある文化理解についての研究を行っています。最近ではベトナム人の妊娠・出産に見られる文化実践の変容、ベトナム人の性と生殖の健康と権利を守る心理教育のあり方について調査、報告を重ねています。


 7月23日(土)10:30-12:00

難民の子どもの学習と課題」

 講師:矢崎 理恵氏(社会福祉法人さぽうと21
    マリップ・センブ氏(
NPO法人PEACE


講師プロフィール

矢崎 理恵氏

国際基督教大学で日本語教育を専攻し、卒業と同時に青年海外協力隊に参加、フィリピン外務研修所で日本語教師のキャリアをスタートさせる。帰国後、主として日本語学校で予備教育の日本語教育に携わる。学生時代から、「国際協力」と「日本語教育」が関心のあるフィールドであったことから、2006年、社会福祉法人さぽうと21において学習支援室コーディネーターとなり、難民の自立支援にかかわるようになり、現在に至る。


ーマリップ・センブ氏

ミャンマー/カチン族。1992年に難民として来日。2012年にミャンマー・少数民族を支援するNPO法人PEACEを発足、理事長就任。教育事業と平和構築事業を軸に、成人を対象とした日本語教室事業や、ミャンマールーツの子どもを対象としたミャンマー語教育事業を運営。在日難民による難民連携委員会の事務局長。4児の母。

テーマ2 多文化・多言語環境にある子どもの育ちを考える

外国につながる子どもたちは、家庭内での文化や言語と社会生活上(保育園や学校など)慣れ親しんでいく文化や言語が異なることがよくあります。そういった多文化・多言語環境に生きる子どもたちの中には、言葉の習得や学習に遅れが見られる場合があります。そのような子どもたちを理解し、家族を支えていくために、私たちはどのような関わりを持つことができるでしょうか。3回の講演では、主に、幼児期(0~6歳)の子どもに焦点を当ててお話しいただきます。

 820(土)10:30-12:00
「外国にルーツのある子ども・家族支援の実際」
講師:南野奈津子氏(東洋大学教授) 



参加者の方へ
講義の中で、グループに分かれて参加者の皆さま同士の意見交換の時間を持つ予定です。Zoomのブレークアウト機能を使用しますので、その時間は可能な限りビデオONでの参加をお願いいたします。


講師プロフィール
東洋大学ライフデザイン学部生活支援学科教授。博士(社会福祉学)。研究テーマは児童家庭福祉、多文化ソーシャルワーク。日本社会福祉士会、日本国際社会事業団、NPO等で外国人支援業務や社会活動に従事。主な著書に『外国人の子ども白書』(共編著、明石書店、2018年)、『いっしょに考える外国人支援』(編著、明石書店、2020年)、『女性移住者の生活困難と多文化ソーシャルワーク』(単著、明石書店、2021年)。


 9月19日(月・祝) 13:00-16:00

「多文化・多言語環境にある子どものことば・発達・関わり方」

理論編/講師:奥村安寿子氏(東京大学 大学院総合文化研究科 特任研究員) 
実践編
/講師:東谷知佐子氏(NPO法人 HATI JAPAN 代表理事 公認心理師、臨床心理士


参加者の方へ
講義の中で、参加者の皆さまより事例や質問を直接お受けし、講師や他の参加者との対話を通して学びを深める時間を持ちたいと考えております。事例を提供くださる方、講師とのやり取りを希望される方がいらっしゃいましたら、事務局までご連絡ください。Peatixのお申し込みフォームで、質問や事例をご記入いただけます。


講師プロフィール

理論編講師 ー奥村安寿子氏

中学・高校をアメリカで卒業し、自身も多言語の背景を持つ。北海道大学大学院教育学院博士後期課程修了、博士(教育学)。国立精神・神経医療研究センター、東京大学高大接続研究開発センター、日本学術振興会特別研究員PD(国立精神・神経医療研究センター、一橋大学)を経て現職。専門は実験心理学、特別支援教育。文字の認知・発達・障害の研究を進める傍ら、各地で教育相談、心理アセスメント、ことばの指導等を行う。バイリンガル・マルチリンガル子どもネット(BMCN)相談員。


実践編講師 ー東谷知佐子氏
臨床心理士、公認心理師。NPO法人HATI JAPAN多文化多言語の子ども発達支援 代表理事。 専門は発達臨床心理学。早稲田大学大学院文学研究科心理学専攻博士後期課程を単位取得退学後、複数の大学で講師を務め、関東近辺の発達支援施設、医療機関等で臨床に携わる。学校、園との連携も多い。外国ルーツの子どもの発達支援を目指して2019年HATI JAPAN 設立。中野区鷺宮地域で外国ルーツの人々の居場所作りにも取り組んでいる。バイリンガル・マルチリンガル子どもネット(BMCN)相談員。


テーマ3 社会的養護下にある外国籍の子どもの支援

2020年度に実施された厚生労働省の調査によると、約4割の児童福祉施設に外国籍児童が入所していることが明らかになりました。こうした背景からも社会的養護下にある外国にルーツのある子どもの支援の必要性は高まっていると言えます。本テーマでは、第1回目でISSJの実践に基づく外国籍児童の養子縁組手続きや留意点について共有し、第2回目では無国籍児童の国籍取得手続きと関係者間の連携について弁護士を招いて講義を行います。第3回目は、外国籍児童に関するアセスメント(家族関係と家庭環境の調査)について、イギリスでの取り組みと事例についてご紹介します。


2022年10月~12月 開催予定

coming soon...


テーマ4 国境を越えて移動する子どもの支援

外国にルーツのある子どもたちの支援では、本国の大使館等との連携が必要ですが、支援者としてどのようにつながればいいのか、分かりにくい現状があります。そこで本テーマでは、第1回で日本で暮らす多様な背景をもつ外国籍の子どもたちの実情と直面する課題について全体的な概要を学びます。そして、第2回、第3回は大使館から講師を招き、その国にルーツを持つ児童に焦点を当てた出生登録や国籍取得など実践的な支援方法を学びます。


2023年1月3月 開催予定

coming soon...


過去の開催実績

外国にルーツのある家族と子どもへの相談支援オンラインセミナー2020年度開催)

第1回「外国にルーツのある家族と子どもへの相談支援の基礎」/60名参加
第2回「外国籍女性の妊娠相談支援」/70名参加
第3回「外国にルーツのある子どもの在留資格や国籍に関する相談支援」/70名参加
第4回「外国籍母子の支援と養子縁組」/55名参加

お問合せ先

社会福祉法人 日本国際社会事業団(ISSJ)

TEL:(03)5840-5711
FAX:(03)3868-0415
メール:issj@issj.org(担当:近藤・榎本)
住所:
〒113-0034 東京都文京区湯島1-10-2御茶ノ水K&Kビル3F

お申込みはチケット購入ページ(Peatix)より、各テーマごとにお申込みください。
メールでお申込みをご希望の方は、件名を「オンラインセミナー」とし、issj@issj.org にメールでご連絡ください。
人数分のお申込みが必要です。お申込み者お一人につき、一つのデバイスで視聴が可能です。